新機能 イベント主催者向け機能「重複参加の許可/禁止」機能と「グループブラックリスト」機能をリリースしました。詳しくは こちら

お知らせ ビープラウド、「90日で稼げるプログラマーに」オンライン学習サービス「PyQ(パイキュー)」を販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月

28

第7回未来予測サロンのご案内<メイカーズムーブメントから考えるものづくり産業の構造変化>

募集内容

イベントの説明

第7回未来予測サロンのご案内

今月のテーマは「メイカーズムーブメントから考えるものづくり産業の構造変化」です。

急なご案内となってしまいましたが、ご興味のある方は主催者までお気軽にご連絡ください!

→ miraiyosoku.salon@@gmail.com

( @を一つ消してください。 )

終わった後は近辺のお店でランチを食べます。 ごはんは11:00頃開始予定です!ごはん会だけの参加も大歓迎です。

未来予測サロンについて

現在、東京都内で月に一度のペースで開催しているリアルな場での勉強会。

ボードメンバーが毎月テーマを策定し、テーマに沿ったアブストラクト(※1)とクラスタ(※2)をレポート化して持参します。レポートの内容に対して各自の知見を話し合います。

appear.inを活用したオンラインでの参加も受け付けています。

※1・・・未来に影響を与える可能性のある一つの事象

※2・・・複数のアブストラクトによって導き出される未来の姿

時間は2時間程度です。勉強会の終了後は美味しいごはんを食べに行きましょう!ごはん会からの参加も受け付けております。

誰でもご気軽にご参加ください。

未来予測研究会について

未来予測研究会は、2012年に当時20歳と22歳だった二人の男子大学生が周囲のベンチャー経営者らにそそのかされ発足させた未来予測に特化した勉強会です。

参加者はベンチャー経営者や教育関係者、大手企業やベンチャー企業の若手社員らを中心に現在30名弱。(2015年10月時点)

大きく分けると非公開Facebookグループ上での議論とリアルな場で行う未来予測サロンの二つがコアな活動。

また、ボードメンバーらによって月に一度のペースでレポートを刊行している。

未来予測の手法について

私たちの未来予測研究会では、SRI(Stanford Research Institute)が開発したSCANという手法をベースに未来を予測可能であると仮説し、日々活動をしています。

未来予測サロンの冒頭で手法の詳細をお話いたします。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

katsuhisa_

katsuhisa_ さんが 第7回未来予測サロンのご案内<メイカーズムーブメントから考えるものづくり産業の構造変化> を公開しました。

2015/11/18 22:12

第7回未来予測サロンのご案内<メイカーズムーブメントから考えるものづくり産業の構造変化> を公開しました!

グループ

未来予測サロン

イベント数 5回

メンバー数 2人

終了

2015/11/28(土)

09:00
12:00

募集期間
2015/11/18(水) 22:11 〜
2015/11/28(土) 12:00

会場

新宿

新宿